2016年02月27日

●『対岸の永遠』アフターイベントについて

『対岸の永遠』アフターイベントの登壇者が決定いたしました。
終演後、作品のお話から劇団や舞台の裏話まで、様々なお話を致します。ぜひご来場くださいませ!

※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。


3/9(水) 
【登壇者】大堀久美子さん(編集・ライター)、上村聡史さん(演出家)、長田育恵(主宰/作家)

3/15(火) 
【登壇者】松岡和子さん(翻訳家)、上村聡史さん、長田育恵

3/17(木) 
【登壇者】半海一晃さん、西田夏奈子さん、石村みか、箱田暁史(以上出演者)、長田育恵

3/24(木)
【登壇者】みやなおこさん、亀田佳明さん、福田温子、今泉舞、岸野健太(以上出演者)、長田育恵


★『対岸の永遠』公演詳細

★『対岸の永遠』稽古場ブログ


てがみ座
posted by てがみ座 at 20:53| てがみ座 公演情報

●「対岸の永遠」上演時間は約二時間です(休憩なし)

てがみ座「対岸の永遠」いよいよ初日が迫って参りました。
通し稽古を重ね、上演時間が固まりましたのでお伝えいたします。

上演時間は約2時間です。(休憩なし)

残す稽古もあと二日。
集中度の高い、濃密な劇空間で皆さまをお待ちしています!!
チケットのご予約はこちらから。

**

また劇場にて、前回公演『地を渡る舟』のDVDを販売開始いたします!
(前回劇場にてご予約いただきました皆さまには既に発送を開始しております)
劇場では、そのほか上演作『対岸の永遠』のほか
鶴屋南北戯曲賞受賞作『蜜柑とユウウツ−茨木のり子異聞−』の戯曲などを販売いたします。

皆さまのご観劇をお待ちしております!
posted by てがみ座 at 19:02| てがみ座 NEWS

2016年01月27日

●第19回 鶴屋南北戯曲賞 受賞のご報告[長田育恵]

このたび、第19回 鶴屋南北戯曲賞を『蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜』にて受賞させていただくことが決定いたしました。

受賞作は、グループる・ばるに書き下ろしさせていただいた作品です。
http://lebal.jp/stage/221506/
また受賞のご連絡を、てがみ座『対岸の永遠』稽古初日の夜にいただきました。
新たな出発の日に、喜びを皆で分かち合うことが出来ました。

***

今回、3度目のノミネートで受賞させていただくことになりました。
とても嬉しく、また励まされる思いがいたしました。
演劇は、関わってくださるすべての皆さま――演出家・俳優陣・スタッフの方々、そしてお客様……と劇場に集うすべての皆さまの力をお借りして作品に結晶させていくものです。
この戯曲も、企画の立ち上がりから上演まで
創作の過程で稽古場と共に歩みながら、多くの皆さまのお力をお借りし書き上げていきました。

この場をお借りし、支えてくださった皆さまに心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

今後も一作ごとに真摯に劇作に取り組み、
この先、一作でも多く、心に響く作品を創作していけますよう精一杯励んでいきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

てがみ座 主宰/劇作家 長田育恵

***

〇[速報]第19回 鶴屋南北戯曲賞 発表

日本劇作家協会 HP
http://www.jpwa.org/main/activity/nanboku-prize/348-19th


[鶴屋南北戯曲賞について]

 平成8年7月に光文社創立50周年を記念して発足した、財団法人 光文シエラザード文化財団(現在は一般財団法人 光文文化財団)は、財団活動の一環として日本演劇界の活性化を目指し、日本劇作家協会の協力を得て、鶴屋南北戯曲賞(通称南北賞と呼称)を設定した。
 戯曲に与えられる賞のうち、従来の岸田賞が文学の世界でいえば芥川賞的性格を持つのに対して、斬新な発想と大胆な筋書きによって、当時の江戸庶民に人気を博した4世鶴屋南北の名を冠した南北賞は、直木賞的性格を持つといってよいだろう。

 南北賞は年間最優秀戯曲賞というべきもので、次の条件を満たす作品の中から選ばれます。
  1.その年の1月〜12月に日本国内で上演された戯曲であること
  2.日本語で書かれた新作戯曲であること(作者の国籍は問わない)

光文社 鶴屋南北戯曲賞 HP
http://www.kobunsha.com/company/scheherazade/gikyoku.html
posted by てがみ座 at 10:00| 長田育恵 NEWS

2016年01月26日

●1/27(水)午前10時〜『対岸の永遠』チケット前売開始

1月27日(水)午前10時より、てがみ座第12回公演『対岸の永遠』のチケット前売開始いたします。
2016年最初のてがみ座公演、長田育恵の新作です。
どうぞお見逃しなく!

*    *    *    *    *

てがみ座 第12回公演『対岸の永遠』
作:長田育恵 演出:上村聡史

【公演スケジュール】
3月4日(金)  19:00
3月5日(土)  14:00
3月6日()  14:00
3月7日(月)  休演
3月8日(火)  19:00
3月9日(水)  14:00★
3月10日(木)  14:00
3月11日(金)  19:00
3月12日(土)  14:00/19:00
3月13日()  14:00
3月14日(月)  休演
3月15日(火)  14:00★
3月16日(水)  19:00
3月17日(木)  14:00★
3月18日(金)  19:00
3月19日(土)  14:00/19:00
3月20日()  14:00
3月21日(月祝)  14:00
3月22日(火)  休演
3月23日(水)  19:00
3月24日(木)  14:00★
3月25日(金)  19:00
3月26日(土)  14:00/19:00
3月27日()  14:00
3月28日(月)  休演
3月29日(火)  19:00
3月30日(水)  14:00
受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

★=終演後、アフターイベントあり。
※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。
※詳細決まり次第ブログで発表いたします。

【チケット】[※全席自由・税込]
前売4,000円/当日4,200円
25歳以下3,000円(入場時身分証提示)
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※U25はプリエールのみ取扱い
※未就学児入場不可

【チケット取扱】
◆プリエールHP http://priere.jp/performance/1603/
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)前売開始日は午前10時〜
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

【お問合せ】
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)

*    *    *    *    *
お早めのご予約をお待ちしております!
posted by てがみ座 at 10:00| てがみ座 公演情報

2016年01月14日

●第12回公演『対岸の永遠』特設サイトOPEN!

てがみ座 第12回公演『対岸の永遠』特設サイトが開設されました。

こちらから→ http://tegamiza.net/take16/

てがみ座初のロングラン公演です。
詳しい公演情報、チケット情報についてぜひご覧ください!


てがみ座 第12回公演
風姿花伝プロジェクト プロミシング・カンパニー 特別企画 ロングラン公演
『 対岸の永遠 』


2016年3月4日(金)〜3月30日(水) 
シアター風姿花伝

《 2016年1月27日(水)10時 チケット発売開始 》


【料金】
全席自由・日時指定・税込
前売:4,000円 当日:4,200円
25歳以下:3,000円(入場時身分証提示) 

※25歳以下はプリエールのみ取り扱い
※未就学時入場不可
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

【お問い合わせ】 プリエール
03-5942-9025(平日11-18時)
info@priere.jp


てがみ座
posted by てがみ座 at 14:58| てがみ座 公演情報

2015年12月28日

●「対岸の永遠」詳細情報&チラシビジュアル公開

いつもてがみ座を応援していただきありがとうございます。
2016年3月に上演いたします てがみ座 第12回公演「対岸の永遠」の詳細情報解禁になりました。
チラシのビジュアルも公開になりました。劇場や公演等で見かけましたら、ぜひお手にとってご覧ください。

チケットは、2016年1月27日(水)前売発売開始予定です。ぜひ今から、来年のご予定に加えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

てがみ座 第12回公演「対岸の遠」
『対岸の永遠』チラシ表_高解像度.jpg 『対岸の永遠』チラシ裏_高解像度.jpg
=================================
1999年、サンクトペテルブルク。
冷戦終結から十年、ソ連は崩壊し姿を消した。流れ込んできたのは荒々しいまでの〈自由〉。
ロシアは新たな混沌にあった。
この地で暮らす女のもとへアメリカから男がやってくる、手紙を携えて。
それはかつて〈向こう岸〉へ亡命した父からの手紙だった。
女が手紙を開くとき、傷跡は軋み、サイレンは鳴り、ぬかるむ土地は語り始める。父の旅を。

詩人ヨシフ・ブロツキーと都市レニングラードの関係性から着想し、
二つの岸辺の間で明滅するものを描く。
=================================
脚本: 長田育恵
演出: 上村聡史

出演:
半海 一晃
みや なおこ
亀田 佳明(文学座)
西田 夏奈子
−−−−−−−−
石村 みか
福田 温子
箱田 暁史
今泉 舞
岸野 健太(以上てがみ座)

演奏:
高橋 ピエール

日時:2016年3月4日(金)〜3月30日(水)
会場:シアター風姿花伝
東京都新宿区中落合2-1-10

公演スケジュール:
3月4日(金)  19:00
3月5日(土)  14:00
3月6日(日)  14:00
3月7日(月)  休演
3月8日(火)  19:00
3月9日(水)  14:00★
3月10日(木)  14:00
3月11日(金)  19:00
3月12日(土)  14:00/19:00
3月13日(日)  14:00
3月14日(月)  休演
3月15日(火)  14:00★
3月16日(水)  19:00
3月17日(木)  14:00★
3月18日(金)  19:00
3月19日(土)  14:00/19:00
3月20日(日)  14:00
3月21日(月祝)  14:00
3月22日(火)  休演
3月23日(水)  19:00
3月24日(木)  14:00★
3月25日(金)  19:00
3月26日(土)  14:00/19:00
3月27日(日)  14:00
3月28日(月)  休演
3月29日(火)  19:00
3月30日(水)  14:00
受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

★=終演後、アフターイベントあり。
※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。
※詳細決まり次第ブログで発表いたします。

前売開始:2016年1月27日(水)
[全席自由・税込]
前売4,000円/当日4,200円/25歳以下3,000円(入場時身分証提示)
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※U25はプリエールのみ取扱い
※未就学児入場不可

チケット取扱:
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

お問合せ:
プリエール
tel:03-5942-9025(平日11〜18時)

posted by てがみ座 at 16:38| てがみ座 公演情報

2015年12月25日

●長田育恵 「文化庁芸術祭演劇部門 新人賞」受賞のご報告

このたび、主宰 長田育恵が平成27年度(第70回)文化庁芸術祭演劇部門 新人賞を受賞いたしましたので、皆さまにご報告申し上げます。
**

〇平成27年(第70回)文化庁芸術祭演劇部門(関東公演参加の部)新人賞 長田育恵

〇受賞対象「てがみ座 第11回公演『地を渡る舟』の脚本」

〇受賞理由「民俗学者・宮本常一と彼を支えた澁澤敬三の評伝劇にとどまらず,今作はその研究対象であった名もなき常民 じょうみん ,そして時代背景である先の戦争を,小さな研究所の中から描いた。また若き研究者の群像劇としても読め,学問が危機に面する時代,その困難とどう向き合うか,という普遍的問題も提起して,秀逸である。」

**

てがみ座第11回公演『地を渡る舟』は、2015年10月23日から11月1日まで
芸劇の若手劇団セレクション 芸劇eyesにて上演させていただいた作品です。
支えてくださいました多くの皆さま、またご観劇くださいました皆さまに心から御礼申し上げます。

そして、とても大きな賞をいただきましたことに、
劇団員一同 改めて身の引き締まる思いを抱いております。
皆さまに感謝申し上げるとともに、
ここから新たに精一杯、創作活動に邁進してまいりますので
今後ともどうぞ、長田育恵とてがみ座をよろしくお願いいたします。

[文化庁 公式HP]
http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/jutenshien/geijutsusai/h27/pdf/h27_geijutsusaisho_kettei.pdf

posted by てがみ座 at 17:11| てがみ座 NEWS

2015年12月16日

●新メンバー「横山莉枝子」加入のお知らせ

いつも演劇ユニットてがみ座を応援くださり、誠にありがとうございます。
てがみ座に新メンバーが加入いたしましたので、お知らせいたします。

◎新加入メンバーのお知らせ
yokorieA_300dpi .jpg
・ 横山莉枝子(よこやま りえこ)

横山は、第10回公演「汽水域」にアンサンブル出演、演出部として参加し、第11回公演「地を渡る舟」にアンサンブル出演をし、この度てがみ座に加入しました。

<横山莉枝子よりコメント>
この度、正式にてがみ座に座員として入団いたしました、「よこりえ」こと横山莉枝子です。
大学の先輩でもあり、心に響く脚本で私自身もファンである、長田育恵の作る世界を精一杯、演じていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。


新しいメンバーが加わった「てがみ座」をどうぞ、さらなるご支援を宜しくお願い申し上げます。

*****************************
[新メンバー]
       横山 莉枝子 プロフィール
       http://tegamiza.net/member/yokoyama.html
 
       横山 莉枝子へのコンタクトはこちらから
       http://tegamiza.net/contact/

*****************************
posted by てがみ座 at 00:05| てがみ座 NEWS

2015年12月04日

●【速報】てがみ座第12回公演情報!!

てがみ座の新作公演の詳細が決定いたしました!
第12回公演は、シアター風姿花伝で一ヶ月のロングラン公演ですぴかぴか(新しい)

12回公演仮ちらし.jpg
NEW公演情報NEW

てがみ座 第12回公演
「対岸の永遠」
脚本: 長田育恵
演出: 上村聡史

出演:
半海 一晃
みや なおこ
亀田 佳明(文学座)
西田 夏奈子
ーーーーーー
石村 みか
福田 温子
箱田 暁史
今泉 舞
岸野 健太(以上てがみ座)

演奏:
高橋 ピエール

日時:2016年3月4日(金)〜3月30日(水)
会場:シアター風姿花伝
東京都新宿区中落合2-1-10

前売開始:2016年1月27日(水)

チケット取扱:
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

お問合せ:
プリエール
tel:03-5942-9025(平日11〜18時)


ただいま、公演の特設ページも開設準備中です!
お楽しみに♪
posted by てがみ座 at 16:10| てがみ座 公演情報

2015年11月14日

●長田育恵脚色 青春アドベンチャー『タランの白鳥』のお知らせ

NHKオーディオドラマ「青春アドベンチャー」にて、長田育恵が脚色を担当したドラマが放映されます。

タランの白鳥


原作:神沢利子
脚色:長田育恵

ツンドラの原野、湖のほとり。
人々が狩りや漁をして暮らす、太古の時間につながるような神話的な世界。
そのなかで生き抜く若者が出会う不思議なむすめ。
異国から来たと語る彼女には、秘密があった。

悠々とした自然を背景に語られる、素朴で美しい、ひとつの神話。
素敵な出演者の皆さまにもご注目ください!

以下、公式ページから情報を抜粋して転載いたします。

NHK FM
2015年12月14日(月)〜12月18日(金)
午後10時55分〜午後11時10分(1-5回)

※年末特別編成のため放送時間帯が通常より10分遅くなります。

【出演者】
海宝直人 石川由依 草村礼子 千葉哲也
大場泰正 野々村のん いわいのふ健 木津誠之
山森大輔 頼経明子 池田優音

【あらすじ】
湖のほとりのタランの村。腕利きの猟師オルドンの息子として生まれた少年モコトルは、両親と死に別れながらも、たくましい若者に育つ。そのモコトルのもとに、吹雪の夜、一人の美しいむすめが訪れる。かつて父祖が倒した大トド神の怒りにふれたモコトルは、むすめが祈りを込めた歌の力を味方に過酷な運命に立ち向かってゆく…。厳しくも豊かな自然の中で培われた先住民族の世界観に通じる神話的想像力に満ちたファンタジーのオーディオドラマ化。

どうぞお楽しみに!ぴかぴか(新しい)
posted by てがみ座 at 10:13| てがみ座 NEWS