2017年11月09日

てがみ座第15回公演 情報公開

いつもてがみ座をご観劇頂きまして、誠にありがとうございます。

来年2018年に上演いたします、てがみ座第15回公演の公演情報を発表いたします。

てがみ座 第15回公演
『新作書き下ろし(タイトル未定)』

日程:2018年6月20日(水)〜26日(火)
劇場:紀伊國屋ホール

脚本:長田育恵
演出:木野花

出演:石村みか 箱田暁史 岸野健太 実近順次(以上、てがみ座)
桑原裕子(KAKUTA) 内田 慈 日啓介(FUKAIPRODUCE羽衣) 西山水木
中西良太 半海一晃

主催:てがみ座

お問い合わせ:プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

公演詳細はまたおって発表いたします。
どうぞご期待ください!

2017年11月9日〜19日は赤坂レッドシアターにて
『風紋〜青のはて2017〜』を上演中です。
公演詳細は >> こちらから <<
posted by てがみ座 at 18:00| てがみ座 公演情報

2016年08月22日

●「燦々」詳細情報&チラシビジュアル公開

いつもてがみ座を応援していただき、ありがとうございます!
2016年11月3日から開幕いたします、
てがみ座 第13回公演『燦々』(サンサン)の情報をお知らせいたします。
本公演は、葛飾北斎の娘 お栄をモチーフに江戸を生きる女絵師の葛藤を描きます。
チケットは9月23日(金)発売開始予定です。

本公演のチラシビジュアルは、漫画家 五十嵐大介さんによる描き下ろしイラストです。
(五十嵐大介さん:代表作『海獣の子供』・『魔女』
         現在アフタヌーン誌上にて『ディザインズ』連載中)
今回のチラシビジュアルを考えるにあたり、絵師が主人公の舞台となるので
ビジュアルも是非、現代を生きる絵師の方にと五十嵐さんにお願いさせていただきました。
五十嵐さんは、卓越した画力で超自然や五感のすべてを漫画に込められて描かれる方です。
今回も、舞台のモチーフとなる、北斎の娘 お栄をイメージして
世界の裏側までも見透かし、捉えようとする女絵師を描いてくださいました。

皆様には、劇場をはじめ様々な場所でチラシをご覧いただける機会も増えるかと思います。
その際には是非お手に取っていただけましたら幸いです!

皆様お誘い合わせの上、劇場まで足をお運び頂けますよう、
劇団員一同、心よりお待ちしております!


てがみ座 第13回公演「燦々」


1.jpg
2.jpg
=================================

江戸後期、黒船が泰平の眠りを覚ます少し前ー。
お栄は鬼才の絵師•葛飾北斎を父に持ち、物心つく前から絵筆を握ってきた。
幼い頃から北斎工房の一員として、男の弟子たちにも引けを取らずに、
代作もこなし枕絵も描いてきた。けれど本物の絵師になりたいと
肝を据えたとき痛感する。北斎の陰から逃れ、自らの絵を掴むには、
女である自分を受け入れ、見つめなくてはならないと。
折しも出島からシーボルト一行がやってきて北斎工房に大量の絵を発注する。
百枚の肉筆画を西洋の画法で描くようにと。絵師たちに新たな風が吹きつける。
お栄は、自らの光と闇を見出そうと挑んで行く‥‥‥。

北斎の異才を受け継ぎ、のちに『夜桜美人図』『吉原格子先之図』を
描き出すお栄(応為)、その青春期の物語。

=================================

脚本: 長田育恵
演出: 扇田拓也

出演:
三浦 透子

石村 みか
福田 温子
箱田 暁史
岸野 健太
横山 莉枝子
実近 順次 

中田 春介
伊東 潤(東京乾電池)
速水 映人
中村 シユン

加納 幸和(花組芝居)

日時:2016年11月3日(木祝)〜11月13日(日)
会場:座•高円寺1
東京都杉並区高円寺北2−1−2

公演スケジュール:
11月3日(木祝) 14:00◎
11月4日(金)   19:00
11月5日(土)  14:00
11月6日(日)   14:00◎
11月7日(月)  19:00
11月8日(火)   14:00◎/19:00
11月9日(水)  14:00
11月10日(木)  14:00/19:00
11月11日(金)  19:00
11月12日(土)  14:00/19:00
11月13日(日)  14:00

受付開始・当日券販売は開演の60分前、開場は開演の30分前です。
◎=アフタートークあり
※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。
※詳細決まり次第ブログで発表いたします。

以下のサービスは、座・高円寺チケットボックス(TEL 03-3223-7300)にて承ります。
*車椅子スペース=【定員あり】/【前日までに要予約】
*障がい者手帳=【チケットボックスでのご予約に限り1割引き】
*託児=【5日(土)・8日(火)・9日(水)・10日(木)・12日(土)いずれも14時公演】/【定員あり】/【対象年齢:1歳〜未就学児】/【1週間前までに要予約】/【料金:1,000円】

==詳細は劇団HPにて
チケット発売:2016年9月23日(金)
[全席指定・税込]
一般4,500円/25歳以下3,500円(入場時身分証提示)
※U25はプリエールのみ取扱い
※未就学児入場不可

チケット取扱:
◆プリエール : 03-5942-9025(平日11〜18時)
◆チケットぴあ : 0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット : 0570-084-003(Lコード:32213)
◆座•高円寺チケットボックス(月曜定休) : 03-3223-7300(10~18時)
                     窓口(10~19時)
                 ※劇場回数券「なみちけ」ご利用可能
◆F/Tチケットセンター : 03-5961-5209(12~19時•定休日あり)

お問合せ:
プリエール
tel:03-5942-9025(平日11〜18時)
posted by てがみ座 at 12:00| てがみ座 公演情報

2016年02月27日

●『対岸の永遠』アフターイベントについて

『対岸の永遠』アフターイベントの登壇者が決定いたしました。
終演後、作品のお話から劇団や舞台の裏話まで、様々なお話を致します。ぜひご来場くださいませ!

※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。


3/9(水) 
【登壇者】大堀久美子さん(編集・ライター)、上村聡史さん(演出家)、長田育恵(主宰/作家)

3/15(火) 
【登壇者】松岡和子さん(翻訳家)、上村聡史さん、長田育恵

3/17(木) 
【登壇者】半海一晃さん、西田夏奈子さん、石村みか、箱田暁史(以上出演者)、長田育恵

3/24(木)
【登壇者】みやなおこさん、亀田佳明さん、福田温子、今泉舞、岸野健太(以上出演者)、長田育恵


★『対岸の永遠』公演詳細
http://tegamiza.net/take16/

★『対岸の永遠』稽古場ブログ
http://tegamiza12.sblo.jp/


てがみ座
posted by てがみ座 at 20:53| てがみ座 公演情報

2016年01月26日

●1/27(水)午前10時〜『対岸の永遠』チケット前売開始

1月27日(水)午前10時より、てがみ座第12回公演『対岸の永遠』のチケット前売開始いたします。
2016年最初のてがみ座公演、長田育恵の新作です。
どうぞお見逃しなく!

*    *    *    *    *

てがみ座 第12回公演『対岸の永遠』
作:長田育恵 演出:上村聡史

【公演スケジュール】
3月4日(金)  19:00
3月5日(土)  14:00
3月6日()  14:00
3月7日(月)  休演
3月8日(火)  19:00
3月9日(水)  14:00★
3月10日(木)  14:00
3月11日(金)  19:00
3月12日(土)  14:00/19:00
3月13日()  14:00
3月14日(月)  休演
3月15日(火)  14:00★
3月16日(水)  19:00
3月17日(木)  14:00★
3月18日(金)  19:00
3月19日(土)  14:00/19:00
3月20日()  14:00
3月21日(月祝)  14:00
3月22日(火)  休演
3月23日(水)  19:00
3月24日(木)  14:00★
3月25日(金)  19:00
3月26日(土)  14:00/19:00
3月27日()  14:00
3月28日(月)  休演
3月29日(火)  19:00
3月30日(水)  14:00
受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

★=終演後、アフターイベントあり。
※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。
※詳細決まり次第ブログで発表いたします。

【チケット】[※全席自由・税込]
前売4,000円/当日4,200円
25歳以下3,000円(入場時身分証提示)
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※U25はプリエールのみ取扱い
※未就学児入場不可

【チケット取扱】
◆プリエールHP http://priere.jp/performance/1603/
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)前売開始日は午前10時〜
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

【お問合せ】
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)

*    *    *    *    *
お早めのご予約をお待ちしております!
posted by てがみ座 at 10:00| てがみ座 公演情報

2016年01月14日

●第12回公演『対岸の永遠』特設サイトOPEN!

てがみ座 第12回公演『対岸の永遠』特設サイトが開設されました。

こちらから→ http://tegamiza.net/take16/

てがみ座初のロングラン公演です。
詳しい公演情報、チケット情報についてぜひご覧ください!


てがみ座 第12回公演
風姿花伝プロジェクト プロミシング・カンパニー 特別企画 ロングラン公演
『 対岸の永遠 』


2016年3月4日(金)〜3月30日(水) 
シアター風姿花伝

《 2016年1月27日(水)10時 チケット発売開始 》


【料金】
全席自由・日時指定・税込
前売:4,000円 当日:4,200円
25歳以下:3,000円(入場時身分証提示) 

※25歳以下はプリエールのみ取り扱い
※未就学時入場不可
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

【お問い合わせ】 プリエール
03-5942-9025(平日11-18時)
info@priere.jp


てがみ座
posted by てがみ座 at 14:58| てがみ座 公演情報

2015年12月28日

●「対岸の永遠」詳細情報&チラシビジュアル公開

いつもてがみ座を応援していただきありがとうございます。
2016年3月に上演いたします てがみ座 第12回公演「対岸の永遠」の詳細情報解禁になりました。
チラシのビジュアルも公開になりました。劇場や公演等で見かけましたら、ぜひお手にとってご覧ください。

チケットは、2016年1月27日(水)前売発売開始予定です。ぜひ今から、来年のご予定に加えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

てがみ座 第12回公演「対岸の遠」
『対岸の永遠』チラシ表_高解像度.jpg 『対岸の永遠』チラシ裏_高解像度.jpg
=================================
1999年、サンクトペテルブルク。
冷戦終結から十年、ソ連は崩壊し姿を消した。流れ込んできたのは荒々しいまでの〈自由〉。
ロシアは新たな混沌にあった。
この地で暮らす女のもとへアメリカから男がやってくる、手紙を携えて。
それはかつて〈向こう岸〉へ亡命した父からの手紙だった。
女が手紙を開くとき、傷跡は軋み、サイレンは鳴り、ぬかるむ土地は語り始める。父の旅を。

詩人ヨシフ・ブロツキーと都市レニングラードの関係性から着想し、
二つの岸辺の間で明滅するものを描く。
=================================
脚本: 長田育恵
演出: 上村聡史

出演:
半海 一晃
みや なおこ
亀田 佳明(文学座)
西田 夏奈子
−−−−−−−−
石村 みか
福田 温子
箱田 暁史
今泉 舞
岸野 健太(以上てがみ座)

演奏:
高橋 ピエール

日時:2016年3月4日(金)〜3月30日(水)
会場:シアター風姿花伝
東京都新宿区中落合2-1-10

公演スケジュール:
3月4日(金)  19:00
3月5日(土)  14:00
3月6日(日)  14:00
3月7日(月)  休演
3月8日(火)  19:00
3月9日(水)  14:00★
3月10日(木)  14:00
3月11日(金)  19:00
3月12日(土)  14:00/19:00
3月13日(日)  14:00
3月14日(月)  休演
3月15日(火)  14:00★
3月16日(水)  19:00
3月17日(木)  14:00★
3月18日(金)  19:00
3月19日(土)  14:00/19:00
3月20日(日)  14:00
3月21日(月祝)  14:00
3月22日(火)  休演
3月23日(水)  19:00
3月24日(木)  14:00★
3月25日(金)  19:00
3月26日(土)  14:00/19:00
3月27日(日)  14:00
3月28日(月)  休演
3月29日(火)  19:00
3月30日(水)  14:00
受付開始・当日券発売・整理券配布は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

★=終演後、アフターイベントあり。
※アフターイベントは、該当公演をご観劇の方のみご入場可能となります。
※詳細決まり次第ブログで発表いたします。

前売開始:2016年1月27日(水)
[全席自由・税込]
前売4,000円/当日4,200円/25歳以下3,000円(入場時身分証提示)
※リピーター割引=当日受付にて、観劇済み半券ご提示で300円のキャッシュバックあり
※U25はプリエールのみ取扱い
※未就学児入場不可

チケット取扱:
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

お問合せ:
プリエール
tel:03-5942-9025(平日11〜18時)

posted by てがみ座 at 16:38| てがみ座 公演情報

2015年12月04日

●【速報】てがみ座第12回公演情報!!

てがみ座の新作公演の詳細が決定いたしました!
第12回公演は、シアター風姿花伝で一ヶ月のロングラン公演ですぴかぴか(新しい)

12回公演仮ちらし.jpg
NEW公演情報NEW

てがみ座 第12回公演
「対岸の永遠」
脚本: 長田育恵
演出: 上村聡史

出演:
半海 一晃
みや なおこ
亀田 佳明(文学座)
西田 夏奈子
ーーーーーー
石村 みか
福田 温子
箱田 暁史
今泉 舞
岸野 健太(以上てがみ座)

演奏:
高橋 ピエール

日時:2016年3月4日(金)〜3月30日(水)
会場:シアター風姿花伝
東京都新宿区中落合2-1-10

前売開始:2016年1月27日(水)

チケット取扱:
◆プリエール tel:03-5942-9025(平日11〜18時)
◆チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:448-529)
◆ローソンチケット
 0570-084-003(Lコード:35038)
 0570-000-407(オペレーター対応)

お問合せ:
プリエール
tel:03-5942-9025(平日11〜18時)


ただいま、公演の特設ページも開設準備中です!
お楽しみに♪
posted by てがみ座 at 16:10| てがみ座 公演情報

2015年09月28日

●「地を渡る舟」公演のお祝い花についてのお願い

このたびのてがみ座第11回公演は、劇場との提携公演ということで
ロビーにお花を飾ることが出来かねます。

楽屋花に関しましてもスペースの都合上、
スタンド花についてはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

ご理解、ご協力のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。
posted by てがみ座 at 00:48| てがみ座 公演情報

2015年09月01日

●DMメンバー受付を一時中止いたします。

いつもてがみ座を応援してくださりありがとうございます。
「地を渡る舟」DMメンバー様先行予約が、いよいよ本日スタートいたします。
それに伴いまして、誠に勝手ながらDMメンバーの受付を一時中止させて頂きます。

これ以降にDMご希望のご連絡をいただきましたお客様には、次回公演(2016年3月)のご案内よりお送りいたします。ご了承ください。
posted by てがみ座 at 00:31| てがみ座 公演情報

2015年08月19日

●第11回公演『地を渡る舟』特設サイトOPEN!


てがみ座 第11回公演『地を渡る舟―1945/アチック・ミューゼアムと記述者たち―』特設サイトが開設されました。

main01.jpg

コチラから→ http://tegamiza.net/take15/

詳しい公演情報、チケット情報についてぜひご覧ください!


=============================

てがみ座 第11回公演
『地を渡る舟―1945/アチック・ミューゼアムと記述者たち―』


2015年10月23日(金)〜11月1日(日)
東京芸術劇場シアターイースト

2015年9月9日(水)チケット発売開始

【日程】
10月23日(金) 19:00
10月24日(土) 14:00
10月25日(日) 14:00
10月26日(月) 19:00 ★
10月27日(火) 19:00
10月28日(水) 14:00 ★
10月29日(木) 14:00 / 19:00
10月30日(金) 19:00
10月31日(土) 14:00
11月 1日(日) 14:00

★=アフタートークあり。

【料金】 一般 4,000円 / 25歳以下3,000円  当日4,200円
※25歳以下はプリエール・東京芸術劇場ボックスオフィスにて取り扱い
※受付開始・当日券販売は開演の60分前、開場は30分前です。

【お問い合わせ】 プリエール
03-5942-9025(平日11-18時)
info@priere.jp
posted by てがみ座 at 01:11| てがみ座 公演情報

2013年04月07日

●てがみ座俳優自主企画2「春のおたより」のご案内

春の嵐吹き荒れる本日、
てがみ座メンバーと演出の扇田氏は
夏の空ハモ2都市ツアーに向けて
京都へ劇場見学へいきました!
どんな収穫があるのでしょうね!
楽しみです。

さて、先日DMも発送させていただきましたが
昨年夏に開催した「夏のおたより」以来
2回目の、俳優自主企画
「春のおたより」を行うことになりました。



てがみ座 俳優自主企画2

春のおたより


『川底にみどりの魚はいる』

作・鈴江俊郎




近未来、戦争が始まっている。男のもとに召集令状が届く。
昔、反体制活動家だった彼が生きては帰れない激戦の
最前線に送られるのは確実だ。籍だけでも入れてくれと
駄々をこねる恋人。女心をくんでやれと説得に来る元恋人。
死出の旅立ちを直前に控えた数日間の物語。


◎会場
ギャラリー・ルデコ4
東京都渋谷区渋谷3−16−3ルデコビル4階

◎日程
5月8日(水)〜5月12日(日)

◎タイムテーブル
8日(水)      19:30
9日(木) 14:00/19:30
10日(金) 14:00/19:30
11日(土) 14:00/19:00
12日(日) 14:00

◎チケット料金
前売・当日 2500円(全席自由)


◎チケット予約
【劇団予約受付Eメール】
otayori★tegamiza.net
件名を「チケット申し込み」とし、
本文にお名前・ご連絡先・日時・枚数を明記して送信してください。
※メールアドレスは★を半角@に変えて送ってください。

【Corich!舞台芸術】
PC・スマホ★
https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=44608

携帯★
http://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=44608

◎前売り開始
4月8日(月)


皆様のご来場を心よりお待ちしております。



※本公演にご参加いただきますと
「てがみ座スタンプラリー」に参加権をゲットできます!

5月の「春のおたより」
7月・8月「空のハモニカ」(京都・東京のどちらか)
11月の新作公演

この3回にお越しいただきますと
「てがみ座のちょっといいもの」が
もらえるスタンプラリーです。

スタンプカードは「春のおたより」でのみ
配布となりますので、
ぜひ、ご来場ください!
posted by てがみ座 at 10:51| てがみ座 公演情報

2013年03月24日

●情報公開!てがみ座『空のハモニカ』二都市ツアー

てがみ座 第8回公演の情報が3月21日に解禁となりました。
情報掲載第一弾は、座・高円寺が発行しているフリーペーパー『座』(3月21日発行号)。

s-P1020006.jpg


今号は高円寺の珈琲の美味しい喫茶店特集。
懐かしい喫茶店が充実の「高円寺コーヒー散歩地図」など必携☆マップも。
見掛けたらお持ちくださいね!

さて、この号から情報告知が始まりました。

てがみ座 第8回公演

『空のハモニカ−わたしがみすゞだった頃のこと−』

作 長田育恵

演出 扇田拓也(ヒンドゥー五千回)


1930年春、下関。愛する娘を残して26歳で命を絶ったテル。
亡くなる前日にはひとり肖像写真を撮った。まるで生きた証を刻み付けるかのように。
大正後期に黄金期を迎えた童謡詩の世界で、星のようにひときわ輝いた名がある――「みすゞ」。
テルが金子みすゞとして生きたのは、ほんの三年ほどの僅かな時間だった。

テルが「みすゞ」という名を捨てて自身を綴るように生きた最後の日々。
それは言葉にならない、けれどきっと光への詩。



この公演は、2011年に「劇」小劇場で初演し、僅か100人弱の劇場だったのにもかかわらず、
2011年度のシアターアーツ誌『劇評家が選ぶ2011年ベスト舞台』に新国立劇場上演「雨」(井上ひさし氏)に次ぐ第7位にランクインする話題作となりました。
上演が終了してからの反響も最も大きい作品でしたが、
2013年夏、【京都】京都芸術センター フリースペース&【東京】座・高円寺1にて
再演が決定いたしました!

【京都】

京都芸術センター フリースペース

2013年7月5日〜7日

【東京】

日本劇作家協会プログラム10『新しい劇作家シリーズA』選抜公演

座・高円寺1

2013年8月1日〜4日



【CAST】

福田 温子

今泉  舞

箱田 暁史(以上 てがみ座)


石村 みか

大場 泰正(文学座)

久保貫太郎(クロムモリブデン)

森 啓一郎(東京タンバリン)

新井 結香(劇団桟敷童子)

斉藤まりえ

中田 春介




『座』には初演時の写真、そして再演に向けての思いを掲載しています。

s-P1020008.jpg


【文面転載】
懐かしい商店街と新しい街並、劇場の裏には小学校も――活気ある温かい「暮らし」の街、高円寺でこの物語を上演できますことを心から嬉しく思います。この舞台では、愛する娘を残して26歳で命を絶った童謡詩人 金子みすゞ(テル)の最後の日々を描きます。どんな時代であれ、ひとりの女性が生きるうえで何を守り抜きたいのか、大切にしたいもの、心の奥に秘めた強さや価値観は、きっと変わらない。海と陸の境目から〈生と死のあわい〉を見つめるテルの眼差しを通して、日々の営みのかけがえのない一瞬、燃えるような命のきらめきを照らし出していけたらと思います。今、子供を育む、または大切な何かを守りたいすべての女性に観ていただきたい物語です。(劇作家 長田育恵)


チラシなどもただいま作成中です!
詳しい情報公開まで、もうしばらくお待ちください!

★チケットの発売に関して★

チケットの一般発売は6月1日(土)を予定しております。
一般発売に先駆けて【DMメンバーさま向け】の先行販売を行います。
てがみ座からのDMをご希望の方は、お名前・ご住所をお知らせください。
info☆tegamiza.net(☆を@に変えてください)


また、この公演の前には

5月にギャラリールデコ4にて

てがみ座『春のおたより』を実施いたします!


詳しい情報はまもなく公開いたします。
春から夏へ。
皆さまにお会いできますこと、楽しみにしています!!

posted by てがみ座 at 23:44| てがみ座 公演情報

2012年12月06日

●ご来場ありがとうございました「青のはて―銀河鉄道前奏曲―」

演劇ユニットてがみ座

第7回公演

「青のはて―銀河鉄道前奏曲―」


無事、閉幕いたしました。

ご来場くださった皆様、
そしていつもてがみ座を応援してくださる皆様、
ご声援、まことにありがとうございました。

あっという間に駆け抜けた6ステージ、
お楽しみいただけましたでしょうか?わーい(嬉しい顔)

次回は来年夏、
京都と東京にて
「空のハモニカ」を再演いたします
ぴかぴか(新しい)

また詳細はホームページでお知らせいたします。
大きな舞台で新たに生まれ変わる「空のハモニカ」
どうぞご期待くださいひらめき


posted by てがみ座 at 12:29| てがみ座 公演情報

2012年11月10日

●『青のはて』12月2日アフタートークゲスト決定!―ロジャ−・パルバース(作家・劇作家・演出家)―

『青のはて−銀河鉄道前奏曲〈プレリュード〉−』
12月2日(日)18時の回、アフタートークゲストが決定いたしました。

ゲストに、ロジャー・パルバースさん(作家・劇作家・演出家)をお迎えし、
『青のはて』作家 長田育恵×演出 扇田拓也さんと共に、
『銀河鉄道の夜』をはじめとする宮澤賢治の作品・賢治の世界観・舞台創作過程・樺太について……
自由にお話しいたします!

***************************

12月2日(日)18:00の回 公演終了後
『青のはて』アフタートーク

【トークゲスト】ロジャー・パルバース
長田育恵(てがみ座)
扇田拓也(ヒンドゥー五千回)


アフタートークは約30分を予定しています。
公演のチケットをお持ちの方、3日(月)公演ご予約のお客様は
アフタートークに参加いただけます。
トーク開催公演を観劇のお客様を優先し、
他の回のお客様は、お入りいただけない可能性もございます。
ご了承いただきご参加願います。
***************************

ロジャー・パルバース
Roger Pulvers

作家、劇作家、演出家。東京工業大学世界文明センター長。
1944年ニューヨーク生まれ。のちにオーストラリアに帰化。
1967年に初来日して以来、数多くの作家・演劇人と交流。
映画『戦場のメリークリスマス』の助監督としても知られる。
宮澤賢治の研究は40年以上にわたり、NHK「100分de名著−『銀河鉄道の夜』−」の講師も務める。
著書は日豪で多数。最近の著書に『もし、日本という国がなかったら』、訳書に井上ひさし『父と暮せば 英文対訳』(こまつ座)、宮澤賢治『英語で読む 銀河鉄道の夜』などがある。
posted by てがみ座 at 01:20| てがみ座 公演情報

2011年10月19日

●【チケット発売情報有】シアタートラム ネクスト・ジェネレーション 『乱歩の恋文』

10月も半ば、風も冷たく冬の気配が近付いています。
いつもてがみ座のウェブサイトをご覧頂いている皆様、
本当にありがとうございます!

来年1月、
シアタートラムで再演いたします
『乱歩の恋文』の詳細をお知らせいたします!

チケットの発売情報などもございますので
最後までくまなくご覧ください目

==========================================================

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション Vol.4

演劇ユニットてがみ座『乱歩の恋文』


『うつし世はゆめ、夜のゆめこそまこと』、乱歩の言葉です。
現世と夢のあわい、稜線を辿って、心の奥に光る核のようなものを
捉えたいとこの劇を書きました。

「劇空間でしか辿り着けない場所が確かにある」、
その地平を見つめる、今の私たちの原点となった作品です。
日本の創作探偵小説黎明期に夢を賭けた男と女の物語。どうぞお楽しみに。



【脚本】
長田育恵(てがみ座)

【演出】
扇田拓也(ヒンドゥー五千回)

【日程】
2012年1月26日(木)〜1月29日(日)

【タイムテーブル】
全6ステージ
26日(木)     19:00
27日(金)14:00/19:00★
28日(土)14:00/19:00
29日(日)14:00
★・・・ポストトークあり
※全ステージ託児あり、車いす観劇可能。詳細はこちらをクリック!

【キャスト】
尾崎宇内(てがみ座) 
福田温子(てがみ座)

西田夏奈子
岡野 暢(身体の景色)

稲葉能敬(劇団桟敷童子)
和田真季乃

宮沢大地
境 宏子(リュカ.)
久我真希人(ヒンドゥー五千回)
金原直史
石井 統

中村シユン


【スタッフ】
舞台監督:杣谷昌洋
舞台監督助手:森山香緒梨
舞台美術:杉山 至+鴉屋
照明:千田 実(CHIDA OFFICE)
音響:余田崇徳
衣裳:吉田健太郎(yu-GEN CRaFTS)
演出部:宮本翔太(椿組)・箱田暁史
美術オブジェ:大野洋平
宣伝美術写真・スチール:伊藤雅章
宣伝美術:山下浩介
撮影:関 肇伸
WEB:高橋典子(RICO STYLE)
手紙:右近金魚
制作:MAICO. 
協力:小野和佳子/
身体の景色・KMシネマ企画・劇団桟敷童子・ダックスープ・椿組・ヒンドゥー五千回・舞台美術研究工房 六尺堂・リュカ.

主催:公益財団法人せたがや文化財団
企画制作:世田谷パブリックシアター/世田谷シルク/てがみ座
協賛:トヨタ自動車株式会社/Bloomberg
協力:東京急行電鉄/東急ホテルズ/渋谷エクセルホテル東急
後援:世田谷区
ヘア&メーキャップ協力:資生堂ビューティークリエーション研究所  
平成23年度文化庁優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

==========================================================

★チケット発売情報★


【発売日】
■劇場友の会会員先行 11月18日(金)  
■世田谷区民先行 11月19日(土)  
■一般 11月20日(日)
※てがみ座ウェブサイトでも一般発売に合わせて、オンライン・電話予約を開始します!

【チケット料金】
■一般 2,500円  
■友の会会員割引 2,000円(前売りのみ)  
■世田谷区民割引 2,300円(前売りのみ)

■2劇団セット券 4,000円(枚数限定、前売のみ取扱い)
※同じネクスト・ジェネレーションの枠で公演される「世田谷シルク」さんとのお得なセットです!

■高校生以下 1,250円(年齢の確認できるもの要提示)
■U24 1,250円(枚数限定、オンラインのみ取扱い、要事前登録)


【チケット取扱】
■世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515
PC http://setagaya-pt.jp/  携帯 http://setagaya-pt.jp/m/

■演劇ユニットてがみ座
http://tegamiza.net/
090-1706-0061

【お問合せ】
■世田谷パブリックシアターチケットセンター 
03-5432-1515(10:00〜19:00)

■演劇ユニットてがみ座
HP http://tegamiza.net
お問い合わせ先
090-1706-0061
info@tegamiza.net


posted by てがみ座 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報

2011年07月11日

●「空のハモニカ」1ステージ追加&早割発売のお知らせ

演劇ユニットてがみ座です。
関東地方もいよいよ梅雨明け・・・夏本番です!

♪♪1ステージ追加!&開演時間変更♪♪
「空のハモニカ」の19日千秋楽ですが
14時開演予定のところを

13時開演
17時開演

の2ステージに変更いたしました。
(すでに配布中のチラシは、13時・17時の2ステージになっています)
ご予約の際にはどうぞお気をつけください。


♪♪早割発売は7月18日(月・祝)から!♪♪
毎回好評をいただいております早割チケットですが
今回は18日(月・祝)から販売を開始します!

てがみ座のウェブサイト、
またはCorich!舞台芸術の「空のハモニカ」特設サイトからしか購入できません!

1週間の期間限定、枚数限定の割引チケットです!
お早めのご予約をお待ちしております。

↓↓早割のご予約は↓↓
http://tegamiza.net/take6/

まもなく稽古が始まります!
稽古場日誌もおたのしみに!
posted by てがみ座 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報

2011年04月19日

●『線ほと』ご来場ありがとうございました。

『線のほとりに舞う花を』
無事11ステージを終え、終演いたしました。

ご来場を心より感謝申し上げます。

このような折に、たくさんの方々が王子まで足を運んでくださいました。
途中、大きな地震に見舞われる事もなく
無事千秋楽までたどり着くことができました。

現在、てがみ座では2011年9月と2012年1月に
公演を予定しております。

次回以降もこの経験を糧にして、精進して参ります。

_DSC1713.jpg
撮影/伊藤雅章


--


地震の影響は大きく、ご予定がなかなか合わないお客様もいらっしゃいました。
そこで、当日パンフレットに掲載した、主宰・長田と、演出・前嶋のことばを
こちらのブログで紹介させていただきます。


--

3 月11 日を越えて―― 「線のほとりに舞う花を」によせて


あの日から一ヶ月が経ちました。
私たちは、3 月11 日以降の世界に生きていて、もうそれ以前に戻ることはできません。

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
これから先、私たち表現に携わる者たちが何を考え、どう生きていくのか、
大きな問いが投げかけられているのを深く実感しています。
この物語を構想した時には、ネット上ではエジプトのデモのツイートが流れていて、
私は、今この世界で起こっているリアルタイムの革命、その気配に耳をそばだてていました。
遠く離れたこの日本でどうしたらより実感が掴めるか歯がゆく思いながら。
あの日が来るなんて、まるで思わずに。

3 月11 日以降、公演中止を選択した劇団もたくさんありました。
けれど私たちは、稽古場に集い続けました。終日運休の地域に住むメンバーは、
苦心してどうにか稽古場に辿り着く。
舞台打ち合わせの夜には突如大規模停電の予告がなされ、
それでもスタッフ陣は真っ暗な新宿に自転車で集う。
上演できるかどうかわからなくても、上演のための稽古をすること、
それ自体が、私たちにとって大切なことを考え抜く時間となっていたからです。
生きていくこと、人の営み、そして――人と土地の絆のことを。

今回の舞台は、てがみ座では初めての音楽を取り入れた舞台です。
物語の背景には東欧の歴史的事実があります。
史実や記憶を忠実に描き出すことが今回の舞台の本意ではありませんので
劇中では具体的な名称は一切出てきませんが、
縦糸となる登場人物のモデルはロマという民族の人々です。
ロマは、日本ではジプシーという呼称で知られる少数民族。
あまり知られてはいませんが、ロマもナチスによる迫害を被った「排斥された民族」です。横糸
にはこれまで触れてきた多くの国境線の光景があります。
特に影響を受けているのはアゴタ・クリストフ、アラバールなど。
こうした物語の世界に立ち現われてくる様々な線を越えてゆくために、音楽の力を引き寄せました。

演出の前嶋ののさん、イマジネーション溢れる個性豊かな役者陣、
ジャンベプレイヤーのナリテツさんとともに、より遠くへ、より深く、
鮮やかなイメージの中へ飛び込んでゆこうと思います。

3 月11 日を越えて上演する舞台。
私たちは、おそれながらも確かに一歩踏み出してみようと思います。
その日以前には戻れない心と身体で。
踏み出した先にしか見えない光景があると信じて。

本日は劇場にお越しくださいまして、本当にありがとうございます。
お会いできて嬉しいです。どうかごゆっくりご覧ください。

演劇ユニットてがみ座 主宰
長田 育恵



「境界線」は人間にとってどういうものなのかを考える作品にしたい。
長田さんからそうお誘いを頂いたのは去年の冬、
延坪島砲撃事件が起きた後だった。
新宿の珈琲屋で話に聞き入り、
その長田さんの熱に吸い付くように演出をさせて頂く事になった。

平和な時代を生きてきた私たち世代の演劇人は、
経験したことのない戦争や迫害の痛みを描くことに大きなためらいがある。
その慎重さはもちろん必要だが、そこに触れることに恐がりすぎてはいないだろうか。

長田さんは肩肘を張らず、まっすぐに世界を見ようとしていた。
そして自分の言葉で「現代」を描こうとしていた。勇気のある作家だと思った。

やがて書き上がってきた作品には、
巨きな力に翻弄されながらも与えられた場所で必死に生きる、
普通の人々の姿が描かれていた。
結局、どんな物語でも俳優が人間を演じる事に変わりはないのだと思った。
ひとつひとつの人生を考え、立ちあげていくしかないと。
そんなことを考えながら稽古をしていたら、突然地震が起こった。
被災地の映像を見て呆然とした。
こんな風に何もかもが奪われることが現実にあるんだと思った。
一瞬、国とか世界とか地球とか、何もかもが不確かなような感覚に陥ったが、
東京で暮らす私は簡単に日常を取り戻した。

被災地では信じられない状況に陥りながらもそこで暮らしている方々がいる。
現実を知りたいという気持ちと、自分との距離を感じ、
ニュースでその様子を見る事さえ申し訳ないような気持ちと、
矛盾した思いがぐるぐるとめぐる。

しかしやはり自分の目で、今起きていることを見つめるしかないのだと思う。
本日はご来場ありがとうございます。
俳優達、スタッフ陣と紡いできたこの物語を、観客の皆さんに受け取って頂けると幸いです。
どこの国でもない話。すべての国の話。どうぞごゆっくりご覧下さい。

演出・前嶋のの(思考動物)

posted by てがみ座 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報

2011年04月18日

●18日当日券情報

いよいよ、18日

線のほとりに舞う花を

千秋楽を迎えました!



皆さまからのたくさんの想いを受け取って
ようやくここまでたどり着くことが出来ました。

本当にありがとうございました。
残り1ステージ。

精一杯務めあげます。
ぜひ、ご来場ください。


当日券も若干枚ご準備しております。



最後の、「線ほと」。

是非、あなたの目で。

ご覧下さい。


ご来場を心よりお待ち申し上げております。
posted by てがみ座 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報

2011年04月16日

●16日当日券情報

いよいよ折り返し地点をすぎ、5日目!
地震よ静まれ!と願いながら
本日もがんばってまいります。

本日の当日券は
若干枚のご用意があります。

もし当日券をお求めになりたいお客様は、
受付開始時刻(開演の50分前)にお越しください。



皆様のご来場を心よりお待ちいたしております!
posted by てがみ座 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報

2011年04月15日

●15日当日券情報

本日4日目!
本日も2ステージございます。

昨日の夜はダブルコールをいただくなど
好評をいただいております。

余震も少し落ち着きつつあり・・・?
まだまだ予断を許さない状況ではありますが
安全管理を万全にして
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

さて、本日の当日券は
若干枚のご準備となります。
お早めにご来場いただければ確実です。

また、客席も少々狭いお席になっておりますので
いいお席を確保したい場合には
ぜひお早めのご来場をお願いいたします!
posted by てがみ座 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | てがみ座 公演情報