2018年04月18日

●てがみ座第15回公演『海越えの花たち』チラシビジュアル公開&特設サイトOPEN!

いつもてがみ座を応援していただき、誠にありがとうございます。

2018年6月に上演いたします
てがみ座 第15回公演『海越えの花たち』のチラシビジュアルが公開となりました。

海越えの花たち_おもて面1.jpeg

海越えの花た.jpeg

皆様には劇場をはじめ、様々な場所でチラシをご覧いただける機会も増えるかと思います。
その際は是非、お手に取っていただけましたら幸いです。

特設サイトもオープンいたしました!
>> こちらから <<

皆様お誘い合わせの上、劇場まで足をお運び頂けますよう、劇団員一同、心よりお待ちしております。

****以下、公演情報です****

てがみ座 第15回公演
海越えの花たち

日程:2018年6月20日(水)〜26日(火)
劇場:紀伊國屋ホール

脚本:長田育恵
演出:木野 花

出演:石村みか 箱田暁史 岸野健太 実近順次(以上、てがみ座)
桑原裕子(KAKUTA) 内田 慈 日啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
西山水木 中西良太 半海一晃

<公演スケジュール>
6月20日(水)19:00~ ★
  21日(木)19:00~ ★
  22日(金)19:00~
  23日(土)14:00~ 19:00~
  24日(日)14:00~
  25日(月)19:00~
  26日(火)14:00~
<料金>全席指定・税込
前売:4500円 当日:4700円 25歳以下:3500円(前売・当日共に)
★=前半割引/前売:4000円 当日:4200円 25歳以下:3000円(前売・当日共に)
※U25は入場時身分証提示
※未就学児入場不可

5月14日チケット発売開始


主催:てがみ座
お問い合わせ:プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

まもなく稽古も始まります故、稽古場ブログの方も是非楽しみにお待ちくださいませ。
今後ともよろしくお願いします。
posted by てがみ座 at 12:00| てがみ座 NEWS

2018年03月23日

●てがみ座第15回公演 タイトル等決定!

いつもてがみ座をご観劇頂きまして、誠にありがとうございます。

本年6月に上演致します、てがみ座第15回公演のタイトル等公演情報を発表いたします。


てがみ座 第15回公演
海越えの花たち

日程:2018年6月20日(水)〜26日(火)
劇場:紀伊國屋ホール

脚本:長田育恵
演出:木野 花

出演:石村みか 箱田暁史 岸野健太 実近順次(以上、てがみ座)
桑原裕子(KAKUTA) 内田 慈 日啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
西山水木 中西良太 半海一晃

<公演スケジュール>
6月20日(水)19:00~ ★
  21日(木)19:00~ ★
  22日(金)19:00~
  23日(土)14:00~ 19:00~
  24日(日)14:00~
  25日(月)19:00~
  26日(火)14:00~
<料金>全席指定・税込
前売:4500円 当日:4700円 25歳以下:3500円(前売・当日共に)
★=前半割引/前売:4000円 当日:4200円 25歳以下:3000円(前売・当日共に)
※U25は入場時身分証提示
※未就学児入場不可

5月14日チケット発売開始


主催:てがみ座
お問い合わせ:プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

本チラシ等、決まり次第追ってご案内差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。
今後ともよろしくお願いします。
posted by てがみ座 at 12:00| てがみ座 NEWS

2018年03月20日

● 石村みか 客演情報!!ピウス企画「WHEREABOUTS」

石村みか が、外部出演します!

ー今回は、初の任侠もの。そして、私はヤクザ事務所の下の定食屋「花山」の女将役をやらせて頂いております。今までにない新たな役柄に挑戦し、楽しんでおりますー


ピウス企画

「WHEREABOUTS」

2018年3月28日(水)〜4月1日(日)

作・演出:今城文恵(浮世企画)

劇場:萬劇場

【出演者・シングルキャスト】
増田裕生
結城洋平
田中しげ美
井上裕朗
伊藤えみ
石村みか
鈴木歩己
板倉武志(犬と串)
萩尾圭志

前田悟

篠原功(演劇集団SINK)

和興

【出演者・ダブルキャスト】
船戸慎士(Studio Life)…Aチーム
山口篤司…Bチーム


【チケット】
平日限定特別割引チケット:3800円
一般:4500円
学生:3800円


【タイムスケジュール】 
※★マークの付いた公演は平日限定特別割引チケット(3800円)で御覧になれます。

★3月28日(水)19:00…Aチーム
★3月29日(木)13:00…Aチーム
★3月29日(木)19:00 …Bチーム
★3月30日(金)13:00…Bチーム
3月31日(土)13:00…Aチーム
3月31日(土)18:00…Bチーム
4月1日(日)12:00…Aチーム
4月1日(日)16:00…Bチーム


【あらすじ】
仕事も恋人もできず悶々と東京生活を送っているフリーライターの木津は、故郷の街で十数年ぶりに幼馴染の黒瀬に再会する。
辺り一帯を仕切る指定暴力団の下部組織・竹本組の黒瀬に取材しにやってきた木津だが、金も人もない竹本組から出てくるのは辛気臭い話ばかり。
そんなある日、竹本組馴染みの店の女将(花山)が理不尽な嫌がらせを受けたことに黒瀬の舎弟がキレて暴れ、竹本組はより街から排除されていく。。。


どうぞ、萬劇場までお越しください!




1FC2592F-CEE8-4F3B-9301-98D1D8D816AB.jpeg5B50B62D-C655-4AB3-8BC3-BD618DE151B8.jpeg
posted by てがみ座 at 19:28| てがみ座 NEWS

2018年03月19日

●岸野健太出演 ヒンドゥー五千回『空観』


岸野健太が外部出演致します。

「ヒンドゥー五千回」は、てがみ座での演出でもお馴染みの扇田拓也氏が主宰する劇団。
平日2日を持ってこれが最後となるであろう本公演の為に、去年からじっくりと作品作りに取り組んでいるご様子です。
ご都合つきましたら是非劇場まで足をお運び頂けますよう、宜しくお願い致します。


ヒンドゥー五千回 最終公演
『空観(くうがん)』
構成・演出 扇田拓也

出演:中田春介 宮沢大地 中村シユン 森啓一朗 伊東潤 
   森谷ふみ 岸野健太 中台あきお 中澤聖子 東谷英人 
   大塚由祈子 菊池夏野 椎名茸ノ介 神保良介 関裕行 
   平桃子 谷田奈生 宮本愛美 遊貴まひろ 
   久我真希人 扇田拓也

公演スケジュール
4月25日(水)19:30~
  26日(木)13:00~ ★ 17:00~
★ 終演後、扇田拓也+ゲストによるアフタートークを予定

劇場:座・高円寺2


image1.jpegimage2.jpeg

posted by てがみ座 at 22:15| てがみ座 NEWS

●長田育恵脚本 劇団青年座「砂塵のニケ」開演間も無く

この度 主宰長田育恵が劇団青年座へ書き下ろしました新作「砂塵のニケ」の公演が間近に迫りましたので、ご案内差し上げます。

演劇界注目の劇作家が書き下ろした新作を連続して上演されて、今回が第四弾。
長田育恵の紡ぎ出す言葉の数々が、劇団青年座によってどのような形へと昇華するのか。
是非劇場にてご覧いただけますよう、よろしくお願いします。

劇団青年座 第231回公演
「砂塵のニケ」
作:長田育恵 演出:宮田慶子
2018年3月23日(金)〜31日(土)
劇場:青年座劇場

<作品概要>
ある日、美術修復家の緒川理沙は、ある絵画の修復を手掛けることになった。
それはパリの風景を描いた一枚の絵。
夭逝した天才画家加賀谷直人が遺したものだ。
修復とは、時代を遡って過去の痕跡をたどり、創作の原点を明らかにすること。
理沙は、手掛かりとなるその景色を求めてパリへと飛び立つのだった――。

一枚の絵が「過去」と「現代」を結び、「親」と「子」をつなぐ。
親が子に託すもの、親から子が受け継ぐもの、そして未来に渡すもの…。
悠久の時の流れの中、二つの世代を旅しながら、
現代に生きる一人の女性が自らの存在理由を探る。

青年座HPより抜粋

公演概要・詳細
劇団青年座HP
http://seinenza.com/performance/public/231.html
niketop.jpg
posted by てがみ座 at 20:48| てがみ座 NEWS

2017年11月09日

●てがみ座第15回公演 情報公開

いつもてがみ座をご観劇頂きまして、誠にありがとうございます。

来年2018年に上演いたします、てがみ座第15回公演の公演情報を発表いたします。

てがみ座 第15回公演
『新作書き下ろし(タイトル未定)』

日程:2018年6月20日(水)〜26日(火)
劇場:紀伊國屋ホール

脚本:長田育恵
演出:木野花

出演:石村みか 箱田暁史 岸野健太 実近順次(以上、てがみ座)
桑原裕子(KAKUTA) 内田 慈 日啓介(FUKAIPRODUCE羽衣) 西山水木
中西良太 半海一晃

主催:てがみ座

お問い合わせ:プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

公演詳細はまたおって発表いたします。
どうぞご期待ください!

2017年11月9日〜19日は赤坂レッドシアターにて
『風紋〜青のはて2017〜』を上演中です。
公演詳細は >> こちらから <<
posted by てがみ座 at 18:00| てがみ座 公演情報

2017年09月06日

●「風紋 -青のはて2017-」特設ページOPEN

この度、『風紋 -青のはて-』の特設ベージをオープンしました。

http://tegamiza.net/take18/

こちらから稽古場の様子やらキャスト紹介など、情報を発信して参りたいと思いますので、引き続き楽しみにお待ちくださいませ。
posted by てがみ座 at 00:03| てがみ座 NEWS

2017年08月26日

●「風紋 -青のはて2017-」詳細情報&チラシビジュアル公開

いつもてがみ座を応援していただき、誠にありがとうございます。

2017年11月に上演いたします
てがみ座 第14回公演「風紋 -青のはて2017-」のチラシビジュアルが公開となりました。


『風紋〜青のはて2017〜』チラシ_東京表面-1.jpg

『風紋〜青のはて2017〜』チラシ_東京裏面-1.jpg

本公演のチラシビジュアルは、’墨絵師’茂本ヒデキチさんによる描き下ろしイラストです。

様々なアスリートの一瞬の「生」を描く絵が印象的な茂本さんに、今回は旅人としての宮沢賢治が精一杯に生きた軌跡を書き留めて頂きたい、とディスカッションを重ねました。
一枚の画を描く為に、時には100枚以上もの絵を描いて辿り着くという茂本さんの筆。
何かの力によって起こされた意識の断片が、人々の心の中に埋まっているモノを掘り起こす。
宮沢賢治の世界観が呼び覚ます、私達の忘れかけた、忘れようの無い記憶。
荒々しくも繊細な墨絵のタッチで、その瞬間を見事に表現して頂きました。

今後皆様には、劇場をはじめ様々な場所でチラシをご覧いただける機会も増えるかと思います。
その際には是非お手に取っていただけましたら幸いです。


以下、公演の詳細となります。
今までに無い、宮沢賢治を取り巻く世界観が創作される事を、楽しみにお待ちくださいませ。


てがみ座 第14回公演「風紋 -青のはて2017-」
=====
昭和6年9月20日「再ビ 東京ニテ 発熱」
宮澤賢治は、東北砕石工場のセールスマンとして上京中、病に倒れ、死の淵を彷徨う。
病身を引き摺りながら帰郷のため、最後の旅に出る。
死という極限の状況に際し、思い出す。かつて亡き人と約束を交わした旅のことを。

――大正12年7月31日、花巻発。
賢治は北へ向かう列車に乗り込んだ。当時の日本の北限を目指して。
宗谷海峡を渡り樺太へ。樺太庁鉄道の最北端、栄浜へ。
それは、前年に亡くした妹トシの魂の行方をもとめる旅だった。

賢治は、最後の生命を賭けて問いかける。
かつて抱いた青い希望は虚しく潰えた。病んだ躰は更なる歩みを拒んでいる。
そして夜の終わり、彼が目指す〈終着駅〉とは?
==


2017年11月9日(木)〜19日(日)
赤坂 RED/THEATER

[脚本]
長田育恵
[演出]
田中圭介
[出演]
福田温子
箱田暁史
石村みか
岸野健太(以上 てがみ座)

佐藤 誓
瀬戸さおり
山田百次(劇団野の上/青年団リンク ホエイ)
実近順次
峰ア亮介
神保有輝美(劇団民藝)


[お問い合わせ]
プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

今後も、詳細が決まり次第、随時情報をアップして参ります。
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。
posted by てがみ座 at 10:00| てがみ座 NEWS

2017年08月21日

●石村みか出演 風琴工房『アンネの日』

石村みかが外部出演致します。
以下、本人より皆様への案内となります。
ご都合つきましたら是非劇場まで足をお運び頂けますよう、よろしくお願い致します。


【石村 みか、外部出演のお知らせ】

〜老若男女問わず観て頂きたい作品です〜

初の女性だけの風琴工房新作!
8人の女優が織りなす「アンネの日」

【作・演出】詩森ろば
【出演】林田麻里、伊藤弘子、石村みか、ザンヨウコ、葛木 英、笹野鈴々音、熊坂理恵子、ししどともこ

9/8(金)★19時30分〜
9/9(土)★14時〜(託)、★19時〜(託)
9/10(日)★14時〜
9/11(月)休館日
9/12(火)19時30分〜
9/13(水)☆14時〜、19時30分〜
9/14(木)19時30分〜
9/15(金)19時30分〜
9/16(土)14時〜、19時〜
9/17(日)14時〜、19時〜
9/18(月祝)14時〜

★早期観劇割引 ☆平日マチネ割引 【託】託児サービス※9/9(土)のみ 0422-47-5122
【一般】前売3,800円・当日4,000円
【学生】2,000円
【高校生以下】1,000円

【場所】三鷹市芸術文化センター 星のホール (三鷹市上連雀6-12-14)


詩森ろばの新作「アンネの日」は、現代の女性開発者たちが本当に必要で、自分たちの役に立つ生理用ナプキン開発のために奮闘する物語です。
実際の開発現場等に取材しながら、初潮から始まり閉経まで、全員女性という出演者で、赤裸々かつチャーミングに描きます。

日々、稽古場で私たちは沢山のことを話してます。
遺伝子組み換えについて、オーガニックコットンについて、シリアの内戦についてや、ベトナム戦争のこと、トランスジェンダーのことだったり、アダルトチルドレンの類のことだったり、SEXについて、家族の形について、子供を持つことについて、更年期のこと。。。etc

もちろん生理のこと、生理用品についても。役柄は本当にそれぞれ適役で。。
そうやって少しずつ、作品が立ち上がっています!
男性女性問わず、どうぞ三鷹まで作品を覗きに、足をお運びください!

お待ちしております!

石村みか

IMG_2450.JPG

MITAKA "Next" Selection 18th 風琴工房『アンネの日』HP
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/geibun/star/event/20170908/
posted by てがみ座 at 23:22| てがみ座 NEWS

2017年07月20日

●【速報】てがみ座第14回公演タイトル決定情報

いつもてがみ座をご観劇頂きまして、誠にありがとうございます。

今秋上演の、てがみ座第14回公演のタイトルが決定致しました。


てがみ座第14回公演

風紋 ー青のはて2017ー』


0001.jpg


==
昭和6年9月20日「再ビ 東京ニテ 発熱」
宮澤賢治は、東北砕石工場のセールスマンとして上京中、病に倒れ、死の淵を彷徨う。
病身を引き摺りながら帰郷のため、最後の旅に出る。
死という極限の状況に際し、思い出す。かつて亡き人と約束を交わした旅のことを。

――大正12年7月31日、花巻発。
賢治は北へ向かう列車に乗り込んだ。当時の日本の北限を目指して。
宗谷海峡を渡り樺太へ。樺太庁鉄道の最北端、栄浜へ。
それは、前年に亡くした妹トシの魂の行方をもとめる旅だった。

賢治は、最後の生命を賭けて問いかける。
かつて抱いた青い希望は虚しく潰えた。病んだ躰は更なる歩みを拒んでいる。
そして夜の終わり、彼が目指す〈終着駅〉とは?
==


2017年11月9日(木)〜19日(日)
赤坂 RED/THEATER

[脚本]
長田育恵
[演出]
田中圭介
[出演]
福田温子
箱田暁史
石村みか
岸野健太(以上 てがみ座)

佐藤 誓
瀬戸さおり
山田百次(劇団野の上/青年団リンク ホエイ)
実近順次
峰ア亮介
神保有輝美(劇団民藝)


[お問い合わせ]
プリエール TEL 03-5942-9025(平日11〜18時)http://priere.jp

今後も、詳細が決まり次第、随時情報をアップして参ります。
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。
posted by てがみ座 at 12:00| てがみ座 NEWS